言語聴覚士とは(Speech-Language-Hearing Therapist:ST)

言語聴覚士の国家資格を取得し、医療・福祉・教育といった広い分野において、コミュニケーションや嚥下(のみくだすこと)に障害のある方々に幅広い援助ができる。そのため、医学・心理学・言語学・音声学などの基礎科目を、言語障害・聴覚障害・嚥下障害・発達障害などの専門科目を学びます。また、言語の指導・訓練は幅広い年齢層が対象となるので、共通の話題を提供しコミュニケーションを図るためにも幅広い教養を身につけておかなくてはなりません。

単に専門知識を詰め込むのではなく、基礎的な知識から考え判断でき、周囲の気持ちや状況を的確に察知して行動できるなければなりません。つまり、障がい児・障がい者を取り巻く環境に対するコーディネーターとなり得る、豊かな人間性を養うことです。 豊かな教養と技術を持ったコミュニケーション機能回復のスペシャリストへ

言語聴覚士とは

言語聴覚士は、小児から高齢者・さまざまな症状でお悩みの方をサポートします。

 言語障害 : 上手く話せない。話が理解できない。文字が読めない。

 音声障害 : 声がでにくく、大きな声が出せない。声帯を失い声が出にくい。

 嚥下障害 : 上手く噛めない。上手く飲み込めない。

 失語症 : 脳卒中などで脳の障害により、話す、書くなどが難しくなり、言葉を思い出しにくい。

 構音障害 : 脳機能障害により、唇や舌の筋肉を動かす神経の動きが悪くなり、ろれつが回らなくなる。

 吃音 : 言葉の一部を繰り返したり、つまってしまう。

 聴覚障害 : 聞こえが悪く、言葉を聴くことが難しくなる。

 発達障害 : 様々な要因によって主に乳児期から幼児期にかけてその特性が現れ始める発達遅延。
          自閉症スペクトラム (ASD) や学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD) など。

 

言語聴覚士になるには養成校へ。

奈良県言語聴覚士協会

一般社団法人 日本言語聴覚士協会